こんこん わいわい
こんこん わいわい




転寝をした 枕元

ざわざわザワメク声のする



こんこん わいわい こん わいわい



眠い目こすって みいやれば

真っ赤な灯りの

ぽつん ぽつん






おや また  こりゃまた 不思議なこと



野を越え 村越え ぽつりぽつ

手招きするよに 紅い花

おいで おいでと ぽつり ぽつ






にぎやか声のする方を

ちょいと横目で見いやれば

紋付 ハカマの集団と

白無垢姿の花嫁さん



そろり振り向くその顔の

なんと美し艶姿






カンザシひとつもあげたいと

カンザシ草を手にとって

ゆらゆら揺れる 草カンザシ



天辺飾りにもうひとつ

青草見つけ さしだした







恥じらい微笑む花嫁の

髪には真っ赤な花簪

緑に映えて また美し




青草カンザシさしとくれと

綿帽子を脱いだとき

勢いあまって 白無垢の

裾をむんずと ふんずけた






驚く花嫁飛び上がり

ぴょんとお耳が飛んで出た





ば・ばかされたぁ〜






そこでちょうど目が覚めて

慌てて周りを見回すと

足元に大きな 提灯鬼灯

とっぷりと日が落ちた中

残されていたのは 彼岸花







こんこん わいわい こん わいわい





遠くのお山にきつね火の

提灯行列 続いてる



こんこん わいわい こん わいわい



こりゃ化かされたと分かっても

花嫁御寮の愛らしさ

ここはひとつ いつまでも

だまされたままでいましょうか

そういう男の後ろにも

ぴょんと生えた尻尾がひとつ



お祝いだと 腹鼓

ぽんぽこ ぽんぽん ぽんぽこ ぽん








こんこんわいわい こん わいわい



花嫁御寮の髪飾り

きつねのかんざし ふたつ みつ











2008. 9.29 ゆめのこころ
2008.10. 4up



                      tozyeekiki (ゆめ乃)











「むかしむかし」 緑茶の音

Photo : tozyeekiki










back