友情


              友情

           (近くの国々の人々と、いつか笑って話せるように)






花の蕾はまだ固く

五分や七分にほど遠く

されど蕾は春を待ち

やさし陽かりを受け止める


見せましょうか心の端を

届かぬ思いはみな同じ

いつか春の風を受けたら

蕾の下に集まって

春の声を聞きましょう


同じ思いの八重桜




                     2005. 2. 7  日記より





「一つの願い」 by Rieruの森
















back